糸魚川 碧クンと 大江 獅皇の共同ブログ 


by hisuidou

蹴球祭観戦記 ⑰ by糸魚川

大江さんが録画してくれた準決勝スペイン対ドイツ戦を、つい先ほどやっとこさ観戦。
結果の方は事前に知っていたのですが、
改まって実際の試合の映像を見てみますと、
『アルゼンチン他、強豪に対して圧勝してきたことで妙な達成感を得てしまった若いチーム』
と、
『ここまで苦しい戦いが続いたものの、何とか自分たちらしさを取り戻した円熟期に入ったチーム』
の差が出たのかな、といった印象。
個人的にはドイツを推していただけに少し残念な気もありましたが、
しかし決勝点となったあのゴール、
それまでショートコーナーを多様してきたスペインが珍しくコーナーキックを中に入れてきたので、おや? と思いつつ、ボールが外に巻いていったので、これはふかしちゃったかなと思ったら、
プジョル! おまえはどこから飛んできた!?
ってな感じで、本当に画面の外から飛び込んできて叩き込んだかのような、鮮やかかつ見事なゴールでした。
そんなこんなで、
毎回『無敵艦隊』と称されて優勝候補に挙げられながらも、期待された結果をだすことのなかったスペインの、初の決勝進出に最大限の拍手を送ります!!
決勝戦はスペイン対オランダということで、どちらが勝っても初優勝という、優勝国が事実上固定化されつつあったサッカーW杯において実にフレッシュな戦いとなりました。歴史的なこの一戦、素晴らしい試合となることを、今から興奮しつつ期待します。
そして三位決定戦、ドイツのクローゼ選手がW杯通算得点記録を塗り替えてくれることをここに熱望!!

余談その一
スペインのMFシャビ選手とFWビジャ選手…名前が似ててよく混同してましたが最近やっと見分けがつく様になりました(苦笑)
余談その二
今回のドイツの最大の敗因は、例のタコの占いもさることながら、あの漆黒のアウェー様ユニフォームを着用しなかったことだと思うのだが…!? 三位決定戦での着用をここに希望。
余談その三
スペインが競技種目を問わずなぜ毎回『無敵艦隊』と呼ばれるかについては、はい、世界史の教科書を捲ってくださいね。 (元ネタの方は大敗北を喫して失墜、消滅するわけだが…)
それはさておき、 『ゲルマン魂』 って言葉…最初に誰が言い出したんだ? この試合の日テレの中継も、何回『ゲルマン魂』と叫んだことやら…(苦笑…それに呼応するようなスペインの言葉が存在しないのはやはりラテン民族故なのか!?) どーでもいいーけど、「我々に『大和魂』があるように、彼らにも『ヤンキー魂』というものがある」…と訓話した陸軍軍人がいたらしいけど、それって誰だったけ?
余談…これが最後のその四、
魂ネタついでに、
♪「戦いの歌 未知の世界へ タッマシィ~レボリューション~」♬ ♫ 
あ、私これカラオケで普通に唄えそうだわ(爆…微妙に劇パト2の後藤さん状態、ということで)  因みにNHKのW杯テーマ曲の事ですので(笑)
[PR]
by hisuidou | 2010-07-10 05:14 | スポーツ