糸魚川 碧クンと 大江 獅皇の共同ブログ 


by hisuidou

カテゴリ:マンガ( 16 )

先日、久しぶりに東京へ行きまして…
で、東京宝塚劇場にて、十数年振りに宝塚歌劇を観劇してまいりました!!

…今、私、十数年振りに、と書きましたが…はい、実は私、その昔宝塚にかなりハマっていた時期がありまして、特に当時月組のトップスターだった 『真琴つばさ 』 さんの大ファンでして、よく劇場へ足を運んでいたということをここに告白。

それはさておき、なぜ十数年振りに観劇してきたかというと…
今回は宙組の公演だったのですが…演目が、なんと、これだったんですよ!!
c0186001_0592791.jpg

(写メで分かりにくいかもしれませんが) なんと、田中芳樹原作、ある一定世代のオタクだったら必ず一度は通っているであろうあの傑作スペースオペラ、
『銀河英雄伝説』 だったんですよ!!
銀英伝オタクにして宝塚ファンとしてはこれを観ないわけにはいきません!!
といった次第で、観劇後の所感。
とにかく圧倒されました。CGを駆使した超大作 (本当) でしたよ!!
原作のストーリーをそのまま、あの宝塚独自の様式美に昇華させていたのは見事でした。
宝塚歌劇を一度も見たことのない銀英伝ファンの方も、原作を全く知らない宝塚ファンの方も、十分に楽しめる作品になっていたと思います。
そしてなんといっても、オーベルシュタイン役の悠未ひろさんがすごかった!!
…いや、実は宝塚で銀英伝をやると知った時に、銀英ファンの女性二人と話す機会があったのですが、その時に真っ先に話題になったのが、
「オーベルシュタインはどんな人がやるんだ!?」 …というネタでして(笑)、銀英ファンが三人揃って全員オーベルシュタイン推しかよ!!と、全員で突っ込んだオチがあるのですが…この悠未ひろさん演じるオーベルシュタイン、アニメ版の声優の塩沢兼人さんが生き返ったかと思うぐらいに見事でしたよ!! 因みに悠未ひろさんは現在宙組の二番手トップの方らしく、そのためオーベルシュタイン目立ちまくりです!! …っていうか、キルヒアイス並みに出番多すぎっていうか、あのミッターマイヤーロイエンタールよりも出番が多いっていうか、それ以前にミッターマイヤーとロイエンタール殆ど出番ありませんから!! …あー、一応補足ながら、ラインハルトは現在宙組トップの鳳稀かなめさんが演じてます。

あと、余談ながら小ネタを少々、
当薬局の大江さん、銀英伝ではビッテンフェルトのファンだそーですが…この宝塚版でのビッテンフェルト、場内の笑いを誘う美味しい役どころを担ってまして、それであのミッターマイヤーとロイエンタールよりも遥かに目立ってました(爆)それも含めてビッテンフェルト、見事にイメージ通りでしたがな (笑)
そして圧巻だったのはこれ、
「唄って踊って演説する、ヨブ・トリューニヒト」
…以上!!
[PR]
by hisuidou | 2012-10-30 02:06 | マンガ
えー、先日、久しぶりに『LO』なる雑誌を購入した (爆!!)(妻子持ちがなに買ってるんだか…)
c0186001_0453524.jpg

正直に告白しますが、スミマセン、私、以前はこの雑誌をよく購入していました…で、
諸事情によりなぜか今回久しぶりに購入し…理由を説明すると長くなるのでその辺の事情は割愛しますが、因みにこの雑誌、分かる人はどーゆー内容の雑誌かよく分かると思うので、敢えて解説はしません!! が、取りあえず18歳未満の方は買ってはいけない雑誌です(苦笑)
まぁ、なんでいきなりそんなことを敢えてカミングアウトするかというと…
今回のLO、1本だけ 『神マンガ』 が掲載されていたことを報告したかったという。
その作品タイトル及び作家名は敢えて伏せておきますが、正直、内容的には「ヘドの出るような」タイプの●●マンガなんですが、正直、この作品読んで「泣いてしまった」のは事実です。 (そして正直、現在もし妻子持ちでなかったら、確実にこの作品に対して、「ヘド」はだしてなかったと思う…俺って最低だ)
そのテの趣味の方で興味ありましたらぜひご一読を。で、全くそのテの趣味の無い方は絶対に読まないでください、以上。

まぁそんなこんなで、某都条例には断固反対という…(意味不明…先日のアニメの『銀魂』でもそのネタやっててふいた)

P.S. カミングアウトついでに…当薬局の、私、糸魚川と、相方の大江女史の二名は、
   漫画家 『町田ひらく』 氏を大応援しています、実は。
はい、二人して大ファンであることを…ここに告白。
(って言いながら敢えて断りを入れると今回紹介? した漫画は全く別の人の作品ですのでご了承   を。ってか今回のLOは町田先生の作品はありませんので…)
[PR]
by hisuidou | 2011-07-06 01:12 | マンガ
えー、当薬局一同三名、かなり気合の入ったマンガ読みを自認しているわけで、
で、当ブログにおいても気にいったマンガを度々紹介しているわけですが…
実は、
糸魚川くんも大江さんもお嬢様も、
今、日本で一番売れている、累計発行部数2億冊の、
あの海賊マンガは、実は全く読んでいないことをここに告白(苦笑)

だったりするのですが、いやしかし、今日のNHKクローズアップ現代
「漫画“ワンピース” メガヒットの秘密」
これを糸魚川くんが職業上の事情により視聴していたら…

「うーん、やっぱり読んでおかないとだめだな」と、コメント。
さて、今現在61巻まで進んでいるこのマンガを読破できるのはいつの日か!?

それはさておき…
今度の戦隊シリーズ、
『海賊戦隊 ゴーカイジャー』
でございますが…
『海賊』って段階で既に正義のヒーローでもなんでもないような気が…
全ての海賊が「麦藁の一味」「ジャック・スパロー (ジョニー・デップ)なわけではないわけで、
っていうか、むしろ本来、海賊ってのは、
「略奪と殺戮の限りを尽くし! そして女・子供を犯して凌辱し尽くす!!」 ってのがあるべき姿というか本職なわけでありまして…
なにしろ、 『賊』 ってなわけでして…
『義賊』ってのは、お話の中にしか存在しないと思われ。
[PR]
by hisuidou | 2011-02-09 20:29 | マンガ
今日の数字。
76
これ、新潟県に関する数字なんですが、さて、なんの数字か分かりますか?
正解は、
『新潟県の海水浴場の数 (2010年現在)
だそうです。因みに、全国第一位の数!! (二位は千葉県の75)
新潟県出身の当薬局一同もこのネタには少し意外な感じでびっくりしましたがな。
で、このネタですが、実は、
『海月姫』 『ママはテンパリスト』などのヒット作で知られる人気漫画家、東村アキコ先生の最新コミックス、主に泣いています 2巻』に出ていたネタです ↓
c0186001_21441044.jpg

新潟県人ですら知らないネタをありがとう!! ってな感じでございましたが、
えー、このマンガ自体もさすがは東村アキコ先生、相変わらずのテンションの高いギャグの連発で大いに楽しませてもらいました。余談ながら東村作品ではよく某製菓メーカー・ブ○ボンがネタにされてたりするので、新潟県人は要チェックですよ!! (東村先生自身は宮崎県出身ですが)
[PR]
by hisuidou | 2010-12-28 21:50 | マンガ
えー、かなりいまさら感がありますが…
最近になって、 『宇宙兄弟』 (講談社モーニングコミック)にはまった↓
c0186001_373059.jpg

えー、私自身かつて天文少年だったこともあり、基本宇宙ネタはなんでも好きなわけでして、
で、宇宙飛行士ネタといえば過去にもマンガでは『プラネテス』『ムーンライトマイル』、アニメだと『オネアミスの翼』あたりが大好きでして、いずれも心の宇宙魂(?)を奮わせてくれる素晴らしい傑作でございましたが…
この宇宙兄弟、それらの過去の傑作と比べても全く遜色のない、それどころか更に次元の違う感動を与えてくれる大傑作でした!! 
正直、いい意味で読者の期待を裏切らない泣ける作品です。玄人好みで終わりがちなこのジャンルにおいて、この作品は間違いなく万人にお薦めできます。
(正直、マンガ読んでて一度死亡フラグが立ったキャラが結局助かった場面読んで、心の底から「助かってよかった!!」などと思ってしまったのはこの作品が初めて)
あと、劇中やたらと「ドーハの悲劇」「ジダンの頭突き」に拘るあたりも個人的にはツボ(サッカーマンガではありません、念のため)

そんなこんなで
「見上げてごらん~♪ 夜の~星を~♫」(作詞‣永六輔 作曲‣いずみたく 歌‣坂本九)
な気分な今日この頃でございます。夜勤明けの空にはもうオリオン座が輝いている、そんな今日この頃、明日はピクニックに出かける予定。
[PR]
by hisuidou | 2010-10-12 03:28 | マンガ
…さて、W杯も終わりJリーグも再開されましたが、
今日のBS‐1のJリーグタイム、オープニングテーマが、例の、
♪ タッマシィ~レボリューショーン~ ♫
に変更されててちょっと噴いた。

それはさておき、
「マンガばかり読んでいるとバカになる」とは誰が言ったか知らないが今日もマンガばかり読んでいる糸魚川でございます(苦笑)
で、そんな糸魚川が今、イチバンおすすめの漫画がこちら ↓
c0186001_0425686.jpg

↑ 講談社別冊マガジンで連載中の 『進撃の巨人』 でございます。
各方面でなにかと話題になっている作品ですので、御存知の方も多いかと思いますが…
私、一読した後、とにかくこの圧倒的かつ恐ろしいまでに絶望的な作品の世界観に、ページを捲る手が震える程の衝撃を受けました(本当)
久しぶりに、「少年誌でこんな話描いていいのか!!」 と叫びたくなるぐらいのこのインパクトは
ジョージ秋山「アシュラ」以上か!? という、正直、十年に一度の傑作の予感。
作者の画力含め、漫画としての描写力がまだ粗削りな分、逆に今後の期待も膨らみます。
この作品、今後の展開でもし『価値観の大逆転』をやってくれたりしたら、
(糸魚川的には、この作品は確実にそれをやってくれると踏んではいるのだが)
あの漫画版ナウシカをも凌駕する、凄い作品として日本漫画史にその名を残すと思うのだが、いかがなものか!?
※ここで糸魚川が言う漫画の展開における『価値観の大逆転』とは、巨匠・永井豪先生の漫画版「デビルマン」のような展開、強いて言えばあの名台詞「おまえたち人間は本当の悪魔になってしまったんだぞー!!」(意訳) みたいな展開のことを意味しています(苦笑) 俗に言う『デビルマン的展開』ってやつです。
尚、この「進撃の巨人」ですが、つい先日、第二巻が刊行されたばかりですので、興味を持たれた方は是非御一読を。

…それはそーと、
明日の 『ハートキャッチ プリキュア』 (当薬局のお嬢様大好きアニメ)
いよいよ三人目のプリキュアが登場、ということですが…
ウーン、男装の麗人キャラが変身するとツインテールの乙女になるってのは…
正直、セーラーウラヌス様の大ファンだった糸魚川 (ウラヌス様だったらあのハイヒールに踏まれてもいい!! っていうか踏んでくださいウラヌス様!! …と、思うぐらい未だにファン) としては、それはないだろー!! とブーイングしつつも、しかしあれだ、それ以前にネーミングがダメだろう!?
『キュア・サンシャイン』
って、そのネーミングだと…私のような不健全な30代おっさんとしては、
笑い声が「グォフォッフォッフォッフォッ…」で必殺技は『呪いのロ-ラー』…ってなイメージになってしまうんですが!? あ、でも元ネタのあいつはあー見えても実は(相棒のアシ○ラマンに対してだけは)友情に熱い男だったぞ!? (意味不明)
そんなこんなで明日のプリキュアを娘と鑑賞するのを楽しみにしつつ、
ここ数日の猛暑でグロッキー気味な糸魚川でございました(泣)
[PR]
by hisuidou | 2010-07-18 01:28 | マンガ
マンガをジャケ買い…というか、
表紙絵のインパクトと帯のアオリ文句に魅かれてつい漫画を衝動買い↓
c0186001_22472745.jpg

『テルマエ・ロマエ』 
BEAM COMIX
ヤマザキマリ 著

これがほんとにバカマンガ(褒め言葉)
でして…
内容はというと、
帯のアオリ文句が全てを語っているので、
敢えて以下に原文をママ書き出します↓

    「古代ローマの男、
   現代日本の風呂へタイムスリップ!!
   そこで目にした
   日本の風呂文化に驚愕した彼は…!?」


↑とまぁ、そんな内容でございまして…温泉好き人間としては大いに笑わせてもらいました。
なんか意味もなく考証がしっかりしてて、古代ローマや風呂文化の勉強にもなったりするという(笑)、久しぶりに人にお薦めしたくなる佳品でした。

…って、こんなん読んでたらのだめの最終巻読むのすっかりわすれてたがな(苦笑)
[PR]
by hisuidou | 2009-11-28 23:08 | マンガ

なんか辛くて。

西 炯子 の「娚の一生 1 (フラワーコミックスアルファ) 」

やっと、買いに行きました。
うん、やっぱり面白い。

ジャイキリ11巻も買えたし。
満足です。

以上。
[PR]
by hisuidou | 2009-07-24 13:40 | マンガ
Under the Rose6巻

運命が加速していくのを感じます。

メガネことウィリアムと家庭教師ミス ブレナンの関係も…

奥さまのアンナ様の、死へのカウントダウンも…

子供たちの、生き方もすこしづつ変化して…

最近、アイザックくんが萌なのよね~
密かに、ミス・ブレナンの事をしたっているところや、ライナスにコンプレックスを持っているところも
まぁ、一番不憫なのは、グレゴリーだけど…


はぁ~このマンガが一番すきです。
[PR]
by hisuidou | 2009-05-23 23:26 | マンガ

ガンダムな話

UCよりも
マフティー動乱
ってもっと後の話なのね!!
って事で…

さて、ガンダム00映画化よりも、UCのほうが気になるって腐女子失格かな~
まぁ、昔からだし、ガンダムはガンダムでも宇宙世紀のほうがスキなのは…

さて、私の大好きなハマーン様は生きているのか…本当に死んだのか!
気になるところです。
出てくれないかな~。
[PR]
by hisuidou | 2009-04-28 22:40 | マンガ