糸魚川 碧クンと 大江 獅皇の共同ブログ 


by hisuidou

カテゴリ:日本酒・アルコール( 13 )

「帰ってきたぞ♪ 帰ってきたぞ~♪ …猛暑日がーっ!!」
…というわけで、ここしばらく涼しい日が続くなぁ~と思っていたら、いきなりの猛暑日復活で、つい団次郎の声マネで替え歌を口ずさんでみたヒスイ堂薬局の糸魚川です。
さて、猛暑日を乗り切るにはビールのガブ呑みが一番!! と、豪語する私ですが…(苦笑)
近所のコンビニが最近海外ビールを各種取り揃え出したので、
猛暑日対策にということでつい買い込んでしまいました ↓
c0186001_2333469.jpg

↑左から順に、
アメリカ代表「バドワイザー」
(夏の炎天下の昼下がり、これを呑みながらホットドッグやハンバーガー喰うと最高!!)
中国代表 「チンタオビール」
(夏の夕食時、これを呑みながら中華料理喰うと最高!!)
メキシコ代表 「コロナビール」
(夏の炎天下の昼下がり、これを呑みながらタコス料理喰うと最高!!)
沖縄代表 「オリオンビール」
(夏の夕食時、これを呑みながらゴーヤチャンプルー喰うと最高!!)
タイ代表「シンハビール」
(夏の炎天下の昼下がり、これを呑みながらアジア料理喰うと最高!!)
で、せっかく取り揃えたこのラインナップ、それぞれに見合った美味しい料理で頂かないわけにはいきません!! というわけで、猛暑を堪能しつつ味わったここ数日のビール&料理の数々がこちら↓
c0186001_012629.jpg

↑ その① タイ代表「シンハビール」と、大江さん特製 「ベトナム風鳥肉のフォー」
c0186001_0152265.jpg

↑ その② アメリカ代表「バドワイザー」と、モスバーガー謹製「スパイシーチリドッグ」
c0186001_0204739.jpg

↑ その③ メキシコ代表「コロナビール」と、モスバーガー謹製「ナンタコス」
c0186001_0233038.jpg

↑ その④ 中国代表「チンタオビール」と、大江さん特製「羽付き餃子と麻婆豆腐」
…といった感じに世界のビールと世界の料理を堪能していたわけですが…
まだ、オリオンビール&ゴーヤチャンプルー、これは今年はまだやってません。
なぜかというと、実は現在我が家ではゴーヤを栽培中でして…
これが美味しく実ったら改めてオリオンビールで乾杯!! ってなことを算段中、だったり。
[PR]
by hisuidou | 2011-08-09 00:29 | 日本酒・アルコール
えー、先日所用で大宮へ行った際に、駅中に結構お酒の揃いの良いお店を見つけまして、
で、そこで故郷新潟の酒と現住所県内のお酒を二点ずつ購入しました。
まずはこちら、新潟編 ↓
c0186001_23211917.jpg

『白龍』 (新潟県阿賀野市・白龍酒造)
『麒麟』 (新潟県東蒲原郡阿賀町・ 下越酒造)
で、こちらが彩の国(苦笑)埼玉の地酒 ↓
c0186001_2333815.jpg

『力士』 (埼玉県加須市・釜屋)
『帝松』 (埼玉県比企郡小川町・松岡醸造)
えー、新潟の(しかも二点とも阿賀野方面)銘柄は昔から馴染みのある銘柄なのですが、埼玉の方はどちらも初めて呑むので楽しみ、ということで。
で、本日静岡産の生食用桜海老を入手したので、
それを肴に『力士』で晩酌しておりました ↓
c0186001_23511496.jpg

あ、桜海老ですけど、断っておきますがこれ釣りの餌ではありませんから!!↑(苦笑…って、釣りやってなきゃわからんか) で、『力士』ですが、埼玉の地酒の中では最もスタンダードなもののうちの一つだそうですが、なかなか呑みやすい逸品でございました。
…あ、一緒に写っているゲームソフトは個人的な自分へのクリスマスプレゼントだったりするので無視して下さい(爆)
あ、因みに今日は録画しておいた 『坂の上の雲』 を観ながら晩酌してたのですが…
この作品、昨年同様、原作ファンとしては拍手喝采なクオリティで今年も大感心しながら鑑賞させて頂いておりますが、しかしあれだ、NHKさん、この完成度で「司馬遼太郎・坂の上の雲」をドラマ化できるのなら、ぜひともいつかはこのノリであの作品を実写ドラマ化してもらいたいなー、と願望してみたり。
その作品とは、
『手塚治虫・アドルフに告ぐ』 だったり…
[PR]
by hisuidou | 2010-12-22 00:08 | 日本酒・アルコール
さて…随分と寒さも厳しくなり温燗の恋しい季節になってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
で、本日、酒屋を物色していましたら、
土佐の銘酒『酔鯨』 (高知県高知市・酔鯨酒造)を発見、思わず購入してしまいました。
以前もブログに書いた覚えがありますが、
私、結構四国の地酒にはお気に入りの銘柄が結構ありまして、
この酔鯨もそのうちの一つであります。
(なにが良いって、この名前がいい!! 「酔う鯨」この名前で四国は土佐の酒でなくてどーする!? って感じ) ↓
c0186001_22512581.jpg

せっかくなので、酔鯨はお正月に頂こうかと算段中。
因みに、酔鯨の隣のカップ酒は、一緒に購入した超地元のお酒『菊泉』 (埼玉県深谷市・滝澤酒造)です。今夜はこれを燗つけて晩酌をさせていただきました。↓
c0186001_22585239.jpg

湯豆腐に豚汁、わかさぎの天麩羅といったメニューで冬ならでは、といった感じでございます。
うーん、相も変わらず、この店の女将は良い女将だ。

余談ですが、先日、当ヒスイ堂薬局のHPフォトギャラリー 『日々の泡』 コーナーに新作写真を数点UPしてますので、ご覧頂ければ幸い。
[PR]
by hisuidou | 2010-12-11 23:11 | 日本酒・アルコール
えー、今回のサッカーワールドカップ南アフリカ大会を記念して、
全国の16もの蔵元からW杯公式日本酒&焼酎が発売されていたことは皆様御存知でしたでしょうか?
実は私、今大会開幕前に、このW杯仕様の日本酒と焼酎をそれぞれ一銘柄ずつ購入していまして、それがこちらの2本でございます↓
c0186001_0192592.jpg

えー、左が日本酒 『天狗舞(石川県白山市 車多酒造)』
右が芋焼酎 『宝山 (鹿児島県日置市 西酒造)』
どちらも私が以前から気に入っている銘柄でございます。
で、別に願をかけていたわけではないのですが、これ、日本が行けるところまでいってから呑もう、と、そう決めておりまして…
で、パラグアイ戦の翌日、一抹の感慨とともにまずは芋焼酎の宝山から手を付けました。それにあわせて美味しい焼き鳥も買ってきました。うん、やはり私は焼酎は芋派だなと改めて痛感しつつ、旨い焼酎には旨い焼き鳥が一番あうな~と満悦。そして、「日本、ここまでよく頑張った…」と、涙酒。
因みに一緒に食べた焼き鳥は近所のイトーヨーカ堂にテナントで入っている 『日本一』 の焼き鳥でして、特にここのレバーは臓物(食わず)嫌いの私ですら美味しいと思える逸品です。あと砂肝とカシラと雛鳥ニンニクと青紫蘇つくねがオススメ。

余談ですがこのブログ、ニュース他で既に結果だけは知っていたパラグアイ対スペイン戦の録画してたのを観ながら書いていたのですが…
この試合、すげーいい試合だったじゃないですか!!
応援していたパラグアイ、実におしかった!! そして万年優勝候補のスペイン、
60年振りのベスト4おめでとう&次のドイツは強敵すぎるぞ!!

で、ベスト4が出そろったところで個人的予想、
決勝は、
ドイツ対オランダ、そして勝つのは…それは秘密だ (笑)

そしてさらに余談、
先日パラグアイ戦観ながら涙したと書きましたが…
試合終了直後、泣き崩れる駒野選手を、うちのお嬢様が大ファンやってる松井選手が同じく涙しながら抱き起こした、あのシーンを見た瞬間、堰を切ったように私も号泣していたという、そんな顛末だったことをここに告白。そしてお嬢様はニュース等でそのシーンが流れる度に、「私の松井がーっ!!」と、叫んでいたという事実は内緒だ(笑)
[PR]
by hisuidou | 2010-07-05 01:09 | 日本酒・アルコール
えー、最近は 『吉田類の酒場放浪記』の影響で実はかなりホッピーにはまってたりする,そんな無頼の酒呑みこと糸魚川ですが…
でもやっぱり相も変わらず全国津々浦々の地酒を呑み漁ってたりもしております(苦笑)
で、ついさっきまで(呑みながら)写真のデータの整理をしていたら、
まだ紹介していなかった地酒の画像を発掘してしまいました↓
c0186001_4264196.jpg

左から順に、
『帝松』松岡醸造・埼玉県比企郡小川町)
『奈良桜』(長谷川酒造・埼玉県熊谷市)
『武蔵鶴』武蔵鶴酒造・埼玉県比企郡小川町)
と、全て当薬局の現在の地元、武州のお酒でございます。
意外にも埼玉県には酒蔵が35もあり、日本酒の出荷量は全国7位とのことで、実は結構な酒所のようでございます。
で、この界隈は淡水魚を食す習慣の濃い所でもありまして、
確か近所のスーパーで普通に売ってた鯉のあらい↓ を肴にして武蔵鶴を呑んだ覚えが。
c0186001_4452034.jpg

淡水魚ついでに、先日大江さんが地場物の木の芽を買って来まして↓
c0186001_4505247.jpg
 
で、これでイワナを木の芽焼にして美味しく頂きました↓
c0186001_452863.jpg

やっぱりこの店はいい店だ。
[PR]
by hisuidou | 2010-05-05 04:53 | 日本酒・アルコール
というわけで先日栃木県遠征をしてきたヒスイ堂薬局一堂でございますが…
私、糸魚川は例によって当地の日本酒を物色、
日光東照宮参拝の折にカップ酒を5銘柄ほど入手致しました↓
c0186001_2229258.jpg

↑右から順にご紹介しますと、
『下野国日光中禅寺』西堀酒造・栃木県小山市)
『東力士 ふるさとカップ』島崎酒造・栃木県那須烏山市)
『十一正宗 日光旅物語』森戸酒造・栃木県矢坂市)
『純米吟醸 日光誉』渡辺佐平商店・栃木県日光市)
『柏盛 原酒』片山酒造・栃木県日光市)
実は全て初見のお酒でして、5銘柄全部呑みきった上で感想を述べますと、
味わい的に気にいったのは「柏盛」、
個人的奨励賞として「日光誉」ってな感じでしょうか。
特に日光誉はラベルに杜氏の方と酒米の生産者農家の方の名前が印字されていて、
好感が持てました。

で、この5銘柄は全て自宅に持ち帰って、
焼き魚やら湯豆腐やら、日本酒に合う肴と一緒に美味しく頂いていたわけですが…
しかしあれだ、宇都宮名物の餃子にはやはりビールがいちばん合うなと痛感、
っていうか遠征中は立ち寄った餃子屋全てでビールを注文しておりました↓(苦笑)
c0186001_22375065.jpg

      ↑は宇都宮到着後最初に喰いに行った老舗餃子店『めんめん』
      羽付き焼餃子with生中ジョッキの図(小笑)
      やはり餃子はビールなしでは喰べられません!!(断言)
[PR]
by hisuidou | 2010-03-12 22:48 | 日本酒・アルコール
さて、無頼の酒呑みを標榜している私、ヒスイ堂薬局の糸魚川でございますが…
毎年、正月は日本酒でお祝いをしております。
で、今年の新年の祝い酒がこちら↓
c0186001_083326.jpg
←なんと文久三年(1863年)創業!!
滝澤酒造(埼玉県深谷市)の
「菊泉」
でございます。
実は当薬局は
地産地消を
推奨していまして(大江さんが買ってくる食材も基本的には地物中心)、そんなわけで敢えて現住所近くの蔵元のお酒を購入したのですが…
これがなかなかの逸品で一口呑んだ瞬間に私ファンになりましたことをこの場を借りて
滝澤酒造様に
報告。


↑因みに瓶の隣のグラスは、大江さんが買ってきた江戸切子の冷酒用グラスです。
これもお気に入りの逸品。
さて、先日初詣に行った折、帰りに立ち寄った酒屋さんが全国津々浦々のカップ酒を取り揃えている素晴らしいお店でございまして…
つい、4銘柄ほど購入してしまいました↓
c0186001_0354817.jpg

↑えー、左から順番に、
「越の誉」(原酒造・新潟県柏崎市)
「越乃柏露」(柏露酒造・新潟県長岡市)
「多満自慢」(石川酒造・東京都福生市)
「梅錦」(梅錦山川株式会社・愛媛県四国中央市)
というラインナップでございます。
この中では、私ぐらいの世代の新潟県人にとっては 「越の誉」 はローカルCMの影響でかなり印象深いものがあると思われますが (笑) (越の誉が7時をお伝えします…坊や~よいこだねんねしな♪)
実は、私糸魚川がそれ以上に個人的に思い出深いお酒がこの中にございまして、
それが愛媛の 「梅錦」 だったりします。
このお酒、学生時代によく通ってた居酒屋に常備されていまして、
そこで人に薦められるまま試しに呑んだら、
上京したばかりの新潟の田舎者であったこの私に「新潟以外にも旨い日本酒があるんだ!!」という事実を初めて知らしめてくれたという、そんな逸品でございます。
以来、私糸魚川碧は、無頼の酒呑みと称して全国各地の日本酒を呑み漁るという日々が今日まで続いてしまっているという、うーむ、考えてみればまさに運命の出会い酒(苦笑)
そんなこんなで久しぶりに梅錦を呑むのが楽しみでございます(これに似合う良い肴を仕入れねば…)

余談、梅錦の他に私のお気に入りの四国の日本酒を挙げてみますと、
「司牡丹」(司牡丹酒造・高知県高岡郡佐川町)
「酔鯨」(酔鯨酒造・高知県高知市)
この二銘柄だったりします。なかなか見かけることの少ない銘柄ですが、いずれも龍馬の地元の酒蔵なので今年は手に入り易くなっているかもしれません!? そんなこんなで、もし現物を入手できたらまた報告しようかと思います(実は二つとも10年ぐらい呑んでない銘柄だったり…ちなみにお酒は通販はしない主義であることをここに告白)
[PR]
by hisuidou | 2010-01-09 01:17 | 日本酒・アルコール
はい、非常にタイトなスケジュールでK奈川県Y市から、
G馬県境に近いS玉県北部の某市に引っ越したヒスイ堂薬局一堂でございますが…
さてこの界隈、県境近くということもあってか、どこのお店へ行っても上州の地酒が普通に置いてあります。
というわけでさっそくカップ酒を購入!! ↓
c0186001_22283397.jpg

『 榛名山 (群馬県高崎市・牧野酒造) 』
『 赤城山 (群馬県みどり市・近藤酒造) 』
いやー、榛名といえば戦艦なわけで、そして赤城といえば空母なわけでございまして、どちらも上州を代表する名山でございますな (意味不明…そーいえばデアゴスティーニ社から新潟県先行発売で『週刊・航空母艦赤城を作る』という分冊百科が出ているそーな。そーいえば同社の『零戦を作る』も新潟県先行発売でしたな。アシェットジャパンの『日本陸海軍機大百科』 も新潟県先行発売でしたが、こちらは実は、私、密かに定期購読中…)
…それはさておき、じつは上州(群馬県)は結構地酒の宝庫でございますので、これからが楽しみでございます(ってゆうーか武州(埼玉県)の地酒もちゃんと呑みたいぞ。この界隈ではまだ目にしてないので情報求む!!)
[PR]
by hisuidou | 2009-11-03 22:54 | 日本酒・アルコール
はい、無頼の酒呑みにして好きなTV番組はBS-TBSの「吉田類の酒場放浪記」だったりするヒスイ堂薬局の糸魚川碧です(笑)
ブログ執筆中の今現在もかなりお酒が廻っている状態で恐縮でございますが(苦笑…基本、素面の状態でブログを書いた覚えがありません)
それはさておき、今年2009年は、実は、
私が世界に数あるビールの中で、最も愛してやまないビール、
「ギネスビール」 ↓の生誕250周年だったりします!! 私が祖国の次に愛してやまない国、アイルランドが世界に誇る世界的ビールでございます!! (私がなぜアイルランド好きであるかについてはそのうち語ろうかとおもいますが、さておき)
c0186001_051029.jpg

↑は先日の酒盛りの模様で、北欧産のブルーチーズを肴にギネスで一杯の図でございます。
しかしここ10年ほどで、日本にもすっかりギネスが定着した感があり、今やどこの店でも呑める&買える、しかも全国主要都市ならどこにでも本場式アイリッシュパブがあるというこの状況に、250周年と合わせて拍手喝采でございます。
因みに、↓は250周年仕様のギネスビールグラスでございます。
c0186001_0125118.jpg

↑しかし、ご家庭でも本場のパブの樽生と同じクリーミー (マミ) な泡が堪能できるこの缶は人類史上に冠たる大発明品だと私は思うわけですが、しかしこのありがたみはこのビールの味わいを知り尽くしている人にしか感じ得ないであろうわけで、そんなこんなで、その人生においてギネスビールをまだ未飲という方は、下戸の人でもかまいません、ぜひお近くの酒販店で上記写真の缶ビールを見つけ次第(裏面の注意事項に従ってゆっくりとグラスに注いで)、この名前のとおり世界一な究極のビールの味わいを堪能して頂ければ幸いということで。

因みに、いわゆるギネスブックは、もともとこのアイルランドのビールメーカーの社長のある一言がきっかけで出版されるようになった…そうです。
[PR]
by hisuidou | 2009-09-12 00:35 | 日本酒・アルコール

晩夏堪能 by糸魚川

えー、夏も終わりになってやっと夏らしくなってきた今日この頃…
本日も夕涼みと称して外にテーブルチェアを出してビールで一杯やってた糸魚川です(苦笑)↓
c0186001_23191593.jpg

本日はとっても昭和な味わいが魅力のビール、 『キリン クラシックラガー』 といっしょに焼き鳥をおいしく頂きました。(うーん、昭和のガード下飲み屋の気分)
ちなみに焼き鳥のラインナップは、ねぎま・つくね・ササミの大葉巻き・砂肝、以上。
実は私糸魚川は、酒呑みのくせにホルモン系の食材は一切受け付けなかったくちなのですが…最近、砂肝だけは食べられるようになりました。ってゆうか、こんなに旨いものを今まで食わず嫌いしてた自分が憎い今日この頃。
そんでもって…
↓は本日の夕焼けでございます。
c0186001_23281010.jpg

もう蝉の声も少なくなって、秋の虫の声が多くなってきましたねぇ。
夕日の色もすっかり秋色になってきました。
[PR]
by hisuidou | 2009-08-28 23:31 | 日本酒・アルコール