人気ブログランキング |

糸魚川 碧クンと 大江 獅皇の共同ブログ 


by hisuidou

地酒放浪記 新春編 by糸魚川

さて、無頼の酒呑みを標榜している私、ヒスイ堂薬局の糸魚川でございますが…
毎年、正月は日本酒でお祝いをしております。
で、今年の新年の祝い酒がこちら↓
c0186001_083326.jpg
←なんと文久三年(1863年)創業!!
滝澤酒造(埼玉県深谷市)の
「菊泉」
でございます。
実は当薬局は
地産地消を
推奨していまして(大江さんが買ってくる食材も基本的には地物中心)、そんなわけで敢えて現住所近くの蔵元のお酒を購入したのですが…
これがなかなかの逸品で一口呑んだ瞬間に私ファンになりましたことをこの場を借りて
滝澤酒造様に
報告。


↑因みに瓶の隣のグラスは、大江さんが買ってきた江戸切子の冷酒用グラスです。
これもお気に入りの逸品。
さて、先日初詣に行った折、帰りに立ち寄った酒屋さんが全国津々浦々のカップ酒を取り揃えている素晴らしいお店でございまして…
つい、4銘柄ほど購入してしまいました↓
c0186001_0354817.jpg

↑えー、左から順番に、
「越の誉」(原酒造・新潟県柏崎市)
「越乃柏露」(柏露酒造・新潟県長岡市)
「多満自慢」(石川酒造・東京都福生市)
「梅錦」(梅錦山川株式会社・愛媛県四国中央市)
というラインナップでございます。
この中では、私ぐらいの世代の新潟県人にとっては 「越の誉」 はローカルCMの影響でかなり印象深いものがあると思われますが (笑) (越の誉が7時をお伝えします…坊や~よいこだねんねしな♪)
実は、私糸魚川がそれ以上に個人的に思い出深いお酒がこの中にございまして、
それが愛媛の 「梅錦」 だったりします。
このお酒、学生時代によく通ってた居酒屋に常備されていまして、
そこで人に薦められるまま試しに呑んだら、
上京したばかりの新潟の田舎者であったこの私に「新潟以外にも旨い日本酒があるんだ!!」という事実を初めて知らしめてくれたという、そんな逸品でございます。
以来、私糸魚川碧は、無頼の酒呑みと称して全国各地の日本酒を呑み漁るという日々が今日まで続いてしまっているという、うーむ、考えてみればまさに運命の出会い酒(苦笑)
そんなこんなで久しぶりに梅錦を呑むのが楽しみでございます(これに似合う良い肴を仕入れねば…)

余談、梅錦の他に私のお気に入りの四国の日本酒を挙げてみますと、
「司牡丹」(司牡丹酒造・高知県高岡郡佐川町)
「酔鯨」(酔鯨酒造・高知県高知市)
この二銘柄だったりします。なかなか見かけることの少ない銘柄ですが、いずれも龍馬の地元の酒蔵なので今年は手に入り易くなっているかもしれません!? そんなこんなで、もし現物を入手できたらまた報告しようかと思います(実は二つとも10年ぐらい呑んでない銘柄だったり…ちなみにお酒は通販はしない主義であることをここに告白)
by hisuidou | 2010-01-09 01:17 | 日本酒・アルコール