糸魚川 碧クンと 大江 獅皇の共同ブログ 


by hisuidou

土産

先日、天気が良かったので秩父方面へドライブに行ってきた。
↓は秩父の名峰武甲山の山容。 (「道の駅・秩父」も一緒に写ってますが)
c0186001_4324466.jpg

秩父市街の古い街並み(↓)を堪能しまして、
c0186001_43341100.jpg

その後は豊かな自然の残る山道をのんびりとドライブ。
で、その道中で見つけたお土産がこちら↓
c0186001_4345535.jpg

『名物・ちちぶ餅』 (秩父市・水戸屋本店 謹製) と、
『奥秩父名物・岩魚すし』 (秩父市・みな寿し 謹製)
開封してみますとこんな感じ↓
c0186001_436629.jpg

ちちぶ餅の方は焼印がなんか可愛い感じでございますが、
甘さ控えめの丁寧なつくりで感心。
で、岩魚すしの方ですが…なんか普通の押寿しとかわらない感じに見えますが、
これがすごい逸品、viva淡水魚! ってな感じで 日本酒のお供に最適です!!
と、そんなこんなで良い肴を入手したということは…
はい、お約束通りに一緒に購入した秩父の地酒を紹介しましょう (小笑)
c0186001_4364467.jpg

左から順に、
『秩父小次郎』 (埼玉県秩父市・秩父菊水酒造)
『武甲正宗』 (埼玉県秩父市・武甲酒造)
『秩父錦』
(埼玉県秩父市・株式会社八尾本店)
いずれも岩魚すしによく合う(笑)秩父の銘酒でございますが、
この中では個人的には「武甲正宗」が思い出深い逸品でして、
実は私糸魚川は学生時代によく秩父方面へキャンプに行っていたのですが、その時に、
若さ故の誤ちで酷い飲み方で呑んでしまった酒がこの武甲正宗だったりしたことを、
この場を借りて武甲酒造様に告白致します。 
キャンプファイアーの焚き火で直接瓶ごと燗つけて呑んでいた、という個人的伝説が…一歩間違うと瓶が割れてしまうというスリルが堪らない&沸騰寸前の酒を茶の様に啜って飲む、という…ごめんなさい、今思えばお酒の神様に殺されても文句の言えない所業ですね)
[PR]
by hisuidou | 2010-01-10 22:19 | 旅行