糸魚川 碧クンと 大江 獅皇の共同ブログ 


by hisuidou

残存兵力、総員17名

久しぶりにヒスイ堂薬局3名で映画館へ行って来まして。
『映画 プリキュア オールスターズ DX2 希望の光☆レインボージュエルを守れ!』 を見てきた(って長いタイトルだ…)
↓は映画のパンフレット。シール付き&スタンプも押せてとっても楽しい使用。
c0186001_0204163.jpg

当薬局のお嬢様が前からとっても楽しみにしていた作品でして、3人揃って大盛り上がりで楽しく鑑賞させて頂きました。
内容は言わずもがな、初代プリキュア『ふたりはプリキュア Max Heart』から現在放送中の史上最弱のプリキュア(苦笑)こと『ハートキャッチ プリキュア』まで、 総勢17名(!!) ものプリキュアが勢ぞろいかつ群雄割拠して悪を倒すという、とっても解りやすいアレなんですが、しかしあれですよ、17人は多すぎじゃないですか!?
正直、17人全員がフルテイクで変身したらそれだけで尺が埋まっちゃうよと危惧していましたが(苦笑…前作のプリキュアオールスターでは14人で本当にそれをやってのけた) フルテイクで変身したのはハートキャッチの2名と『フレッシュ プリキュア!』の4名のみだったので一安心、ってかそれだけでもなんと5分近い尺!! 長い&その間待ってる敵役のことも考えてやれ!!(爆笑)
で、糸魚川くん的には17人もいると顔と名前が一致しないプリキュアも多数いて、なんだかAKB48を見ている状態とかなんとか(苦笑) でも基本セラムン世代なのでプリキュアの世界観自体には素直に溶け込め、かつ、やっぱり歴代ヒーロー全員集合ネタは燃えるなーとご満悦。基本はやっぱりテンペラー星人対ウルトラ6兄弟ですよ! と、意味不明発言(爆)
作品自体は子供はもちろん大人も十分に楽しめる内容でして、ヒスイ堂薬局的にはキャラデザが全く異なる新しいプリキュアが歴代のプリキュアと上手く融合できるのか気になっていたところでしたが、そこを違和感なくまとめていた作画と演出には拍手ものでした(っていうか作画に関してはかなりの神レベル) あとエンディングのダンスシーン&歴代の主題歌メドレーは感涙かつ圧巻ですよ!!
そしてプリキュアといえば必殺技を使うまでは基本肉弾戦で格闘するという(笑)あの戦闘シーンですが、今回もド派手かつエグイ格闘を演じていましたよ! 特にフレッシュプリキュアの4名様はガッチャマンなみの痛々しくも現実的な格闘を魅せてくれて拍手ものです!!
で、今回の劇場版では小さなお子様には入場時に 『ミラクルライト』 なるアイテムが配られまして、CMでもお馴染みですが、プリキュアたちがピンチの時にこれを振ってみんなで助けようっていうネタなんですけど、本当にプリキュアがピンチの時に劇場のお友達全員がこれを振る様はなかなかの圧巻、当薬局のお嬢様も一生懸命にミラクルライトを振りかざしてプリキュアを応援していましたがな。 (ってか実はそれがやりたかっただけ状態?)
さて、そんな純真な想いでプリキュアを見ていたお嬢様の隣で、
やれ、「今のカットで作監変わった」とか「敵役の声、小杉サンキターッ!!」とかなんとかヒソヒソ話していた糸魚川くんと大江さんは、己の汚れてしまった眼を呪う始末でございました(泣笑)
[PR]
by hisuidou | 2010-03-27 01:33 | 映画