糸魚川 碧クンと 大江 獅皇の共同ブログ 


by hisuidou

咲き誇る花は散るからこそに美しい~♪

先日のお休みの日、あまりにも良い陽気でしたので、ヒスイ堂薬局一堂三名で
ピクニックがてら深谷市の仙元山公園へ行ってきたのですが…↓
c0186001_325493.jpg

↑ご覧の通り、ちょうど桜が散り始めとなっていまして、期せずして桜吹雪の中でのお花見と相成りました。この公園、桜の名所としても有名なのですが、なにしろ自宅周辺のソメイヨシノがほぼ全て散っていましたので、全く桜は期待せずにいたのでかなりのサプライズ、数十メートル程度の標高差でも結構差が出るものだなーと感心。
c0186001_3375022.jpg

散り始め…ということで、当たり一面『花筵(はなむしろ) となっていまして…↑
地面全てが薄桃色の花弁に覆われているという、
これはこれでなかなかの風流でございます。
c0186001_3394584.jpg 

で、その花弁の中に
←おそらくはこの陽気で羽化したばかりであろう
蝶が一匹。
これもまた風流でございます。


更には、桜の向こうを上越新幹線が疾走してくという、故・真島満秀先生(時刻表の表紙や18切符のポスターなどでも有名だった鉄道写真家)の作品っぽい写真が撮れそうな、そんな感じの撮りテツ撮影ポイントも発見しまして↓ 新幹線と桜、これもまた風流でございます。
c0186001_3511994.jpg

↑…って、故・真島先生の名前まで持ち出しながらなんですけど、新幹線の走行音が聞こえて慌ててカメラ構えて撮った写真なもんでして、全く絵になってない素人写真で申し訳ないです。来年は時刻表片手にじっと構えて待って撮影することをここに宣誓。(そして真島満秀先生のご冥福をこの場を借りて改めてお祈り致します。実は糸魚川くんは真島先生の大ファンで写真集も何冊か所有していることをここに告白)

そんなこんなで、当薬局のホームページですが、フォトギャラリーの『日々の泡』コーナーにこの日の写真を二枚追加、あとフォトギャラリーの扉写真も更新しましたのでご覧頂ければ幸い(前の扉写真は例によって過去TOP写真に移動)

…尚、今回のブログの表題の元ネタは by,一世風靡セピア っていうか ザ・ハングマンのエンディング って言った方が分かりやすい、か…? どっちにしろとっても80年代なネタですまん(苦笑)
[PR]
by hisuidou | 2010-04-20 04:17 | ピクニック